英語は道具にすぎない。道具を使いこなすために・・・・・
戦略分析・立案能力を高める統合英語訓練
chalaza net Home

You are here in
chalaza netSub-Domain HP


戦略分析・立案訓練ステップ
ウェブ・セミナーサイトマップにある準備パート2の正規分布と成長曲線の応用は必ず読んでください。
回帰直線9点一筆書きは説明を読んで、意味を十分理解してください。
アメリカの経済復興シナリオと戦略予測(日本語)にアクセスしてください。
予測シナリオが訓練の材料です。
英文記事を日本語で要約します。
リンク記事を読んで考えてください。その情報(ドット)が予想(回帰直線)を裏付けるものか、無関係か?あるいは予測が誤りか?
戦略分析・立案は不確実性に対する決断(度胸)の集積結果です。ブログ・コメント欄に反論、異論を書くのも訓練になると思います。

 Sec 2-4-1 American Hegemony

「アメリカは製造業の活性化を経済復興の基本戦略としている。温室効果ガスの排出削減によって低炭素社会に向けて一目散に走る。最大の競争相手は中国。その成長にブレーキをかける形で再び世界に君臨しようとしている。」これが、予測シナリオです。

この予測の中で、現在のドル安をどう見ればいいのか、それが今回の目的です。
記事を読む前でも後でも、円安に関する下記ブログを読み、記事との距離感を判断してください。

ドルをもっと刷ってドル安、円高を誘導します。トヨタの経営はもっと・・・2008年11月8日
ドルなどいくら安くなっても構わないという戦略が採れる国という・・・2009年1月7日
今のドル安傾向など、彼らにとってみれば何の痛痒も感じないでしょう・・・2009年2月2日

October 18, 2009
In Dollar’s Fall, Upside for U.S. Exports

ドル安が止まらない。今年3月、1ユーロ 1.25ドルが先週1.5ドル近くになった。来年はじめまでドル安傾向は続き、1.6ドルにまでなると予測する人もいる。

「弱いドルは、就業機会と生活水準の問題。他の国に比べ相対的に資金力と購買力が落ち、高金利とインフレの原因になる。」高いドルを維持すべきと言う反オバマ陣営論者の意見に対して、「ドルは高すぎた。ユーロに対してバランスが取れた。アジアの通貨に対してはまだ10%程度高すぎる。」との反論もあり、政治的な緊張が高まっている。

中国の人民元がドルに対して高くも安くもなっていないのは、輸出競争力を落としたくない北京政府の思惑からである。

オバマ政権もガイトナー財務長官も口を開けば、「ドル高が望ましい」と言うが、金利政策も財政赤字を縮小する政策も早急に採りそうにもない。

「ドル安は、私たちの作る装置の価格を高くするが、一方で顧客である国際企業が生産拠点をアメリカに戻す傾向も見られ、アメリカでの売り上げが伸びることになる。」世界の80%のスパーク・プラグの製造装置を作るドイツ企業のトップは言う。

いかがでしょうか?

「オバマ政権がドル安を容認して、何の手も打たない。口ではドル高が望ましいと言う。」報道の通りであれば、ブログで予想したことが起こっていることになります。つまり、競争力を強めるために、ドルの威信の低下など構わない。強い意志を感じます。しかし、来年の初めくらいまでのことなら買い被りすぎということになります。人民元だけがドルとの価値関係を保っている。中国政府の経済政策に揺るぎがないということなのでしょうか。

ところで、この訓練とは直接関係ありませんが、円高は気になります。

Considering the state of Japan’s finances and economy, Mr.Kumano said, the yen’s recent strength against the dollar “isn’t an affirmation of Japan — it’s the yen’slast hurrah.”
何だか情けなくなる言葉で終わっている記事があります。ご参考まで。

October 20, 2009
Rising Debt a Threat to Japanese Economy