ドラッカー教授の残した宿題に応える戦略思考メソッド
for Master of Strategy Entrepreneur
chalaza net Home

You are here in
chalaza netSub-Domain HP

戦略分析・立案演習ステップ
ウェブ・セミナーサイトマップにある準備パート2の正規分布と成長曲線の応用は必ず読んでください。
回帰直線9点一筆書きは説明を読んで、意味を十分理解してください。
アメリカの経済復興シナリオと戦略予測(日本語)にアクセスしてください。
予測シナリオが訓練の材料です。
英文記事を日本語で要約します。
リンク記事を読んで考えてください。その情報(ドット)が予想(回帰直線)を裏付けるものか、無関係か?あるいは予想そのものがは誤りか?
戦略分析・立案は不確実性に対する決断(度胸)の集積結果です。ブログ・コメント欄に反論、異論を書くのも訓練になると思います。
 Sec 2-2 plus 9点一筆書き:枠外の点を見つける

オバマ大統領は、温室効果ガス排出削減で世界のリーダーシップを取り、クリーン・エネルギーで雇用を創り、実体経済を強くしようとしています(断定予測)が、左欄のような課題が沢山あります。


国内外の課題:
  • 気候変動法案成立のメドが立っていない
  • 炭酸ガスが温暖化の原因に関する論議が続いており、国民的合意がない
  • 厳しい排出削減は企業の反対が大きい。
  • クリーン・エネルギー化はコスト増となって国民生活圧迫の懸念が依然として強い
  • 先進国と新興大国の対立
  • 発展途上国の支援問題(技術と資金)
これらの課題を点在する9点と想定すると一筆書きができません。一方立てれば一方立たず!
枠外の一点が必要。
オバマ政権は炭酸ガスのHealth Hazard、私はダイオキシンのそれで一筆書きができると考えた。

炭酸ガス
ダイオキシン
毒性
やや弱い
強い
監視技術
研究段階
pdfファイル 6/20 "NASA Satellite Technology to Monitor Vehicle Pollution"

2008年7月29日、EPA逆転判決の約5ヶ月前、ニューヨークタイムズの読者間で、炭酸ガスが温暖化の原因だ、原因でない、温暖化でなく寒冷化に向かっている、いやそんなことはないという激しい議論がありました。こんな議論は時間の無駄と思い、長文を投稿しました。
  • 温暖化でなく、産業からの排ガスと廃棄物の問題で議論すべき。
  • 環境汚染問題は今議論している40年ー50年という時間軸より短期の大問題だ。
  • 監視すべきは最も毒性の高いダイオキシン。
  • 大気中のダイオキシンを測定する装置は解像度に問題がある。国際共同開発が必要。
つまり、一方立てれば一方立たずの矛盾だらけの議論に終止符を打つために、新しい視点(枠外の一点のつもり)を提唱しました。答えの出ない問題を解くには、議論を超越した上位概念あるいは議論を包括する新たな課題設定が必要です。これが、枠外の一点を考える第一の基本です。誰でも頭の中では分かっていますが、なかなかできません。第二の基本は、答えが出ないと判断できるかどうかです。議論は勉強にもなるし面白い、そう思っていると肝心の目的を忘れてしまいがちです。この例で言えば、大気中の炭酸ガス濃度が急激に増加することが問題であって、温暖化か寒冷化か、海水面が上昇するかしないかは、その増加結果の議論に過ぎません。答えが出にくい結果予測議論より、大気中の炭酸ガス濃度上昇を抑えることを考えるほうが大事という判断です。枠外の一点が成り立つかどうかは、それが大多数の人を納得させるだけの重要度があること、そして客観的であることです。これが、第三の基本です。
ダイオキシンの毒性は人体は勿論すべての動植物に被害を与えますから説得力は抜群で、その発生源を特定する衛星を使った監視体制ができれば強力です。こう考えていると、中国が頭に浮かびます。嫌がるだろうなと・・・。アメリカにとっては逆に、中国や新興大国の経済成長を抑制する手段として使える。そうすると、炭酸ガス排出削減が国際経済競争の図式に転換されます。枠外の一点を基にした新しい経済競争シナリオが生まれます。
しかし、ダイオキシンには無理がありました。客観的に監視する技術がまだないからです。私の枠外の一点は第三の基本の客観性に弱点がありました。オバマ政権は炭酸ガスを、私はダイオキシンを枠外の一点としました。上の表をその比較です。

2008年12月23日の逆転判決が出たときにそれが鍵と思ったのは、その数ヶ月前から枠外の一点を考えていたからです。それだけのことです
お読みになった社説などで、「今回のEPA規制で、コペンハーゲンに空のスーツケースで行かなくとも良くなった」程度の書き方になるのは、枠外の一点が新たなシナリオを生むことまで考えていないからです。
枠外の一点では見るべきものを見たと自負していますが、その自負は同時にオバマ政権の称賛になります。ただ、炭酸ガスの毒性の件を”弱い”と見ています。そう見るから、何か新しい発見のための試験をやっているに違いないと思うわけです。
ただ、問題はこの先です。予測シナリオを熟読してどうなるか一緒にお考えください。

>>前に戻る