ドラッカー教授の残した宿題に応える戦略思考メソッド
for Master of Strategy Entrepreneur
chalaza net Home

You are here in
chalaza net sub-domain HP

戦略分析・立案訓練ステップ
ウェブ・セミナーサイトマップにある準備パート2の正規分布と成長曲線の応用は必ず読んでください。
回帰直線9点一筆書きは説明を読んで、意味を十分理解してください。
アメリカの経済復興シナリオと戦略予測(日本語)にアクセスしてください。
予測シナリオが訓練の材料です。
英文記事を日本語で要約します。
リンク記事を読んで考えてください。その情報(ドット)が予想(回帰直線)を裏付けるものか、無関係か?あるいは予測シナリオが誤りか?
戦略分析・立案は不確実性に対する決断(度胸)の集積結果です。ブログ・コメント欄に反論、異論を書くのも訓練になると思います。

ドラッカー教授の宿題にやっと答えが出ました
「技術の可能性を基礎に事業目的を定め、その事業目的と市場目的を基礎に技術戦略を策定し、さらに商業上の成果を生み出す上で必要な技術成果を定め、そしてそのような技術成果を手に入れることのできる人材が必要である。しかし、今日、誰一人として、そのような技術経営をどのようにして教えるか、何から教えはじめるかについてさえ知らない。少なくとも、工学部やビジネススクールが知らないことは確かである。」
1992年に出版された「未来企業」で故ドラッカー教授が描写したテクノロジー・マネージャー像である。

どのようにして教えるか、何から教えはじめるか
私たちに残された宿題と捉えました。
私の答えとして、ウェブ・セミナーの原型”あなたの起業は成功する”を書いたのが2002年。それを基にして実セミナーを幾度か行い、その体験から学んだことも加味してウェブ・セミナーを作り2005年3月に公開しました。
しかし、正直なところ、何かが足りない。そう思ってきました。

今年3月、Read the scenario 800 pound gorilla makes (2)回帰直線9点一筆書きについて書きました。・・・まだ気がつきませんでした。そうです。足りなかったのはツールとしてのこれらの使い方でした。

1.当たり前の疑問から足を延ばす自然な思考を促すウェブ・セミナー
2.競合を読み、その過程で独創的なシナリオの発想を可能にする新アプローチ

この組み合わせが、7年越しの宿題の答えを完成させたと思います。

テクノロジー・マネージャーの使命は将来を読む戦略分析・立案力にあります。将来を読む専門家はいません。勘で読めるわけでもありません。一度読めたからといって、二度目があるかも分かりません。一度勉強したからといって,そうなれることではありません。
日常目にすることに鋭敏に反応する直観力を養い、疑問を持ち、それを探求する不断の努力以外にないと思います。
for Master of Strategy Entrepreneurの目的は、その努力に少しでも役に立ちたいということにあります。
直感は本質を見抜くことです。想像力は疑問と好奇心からです。直感と想像力がダイナミックで創造的な戦略へと導きます。

戦略分析・立案関係小論文
ベンチャーの評価基準
2002.12.11作成
「売り上げポテンシャルをつかむ」の原型
<<pdfファイル
イノベーションのための
思考パターンの必要性
2005-2006ブログ
セミナー開発のための思考検討、ビジネス・スクールの指導との違いが分かる
イノベーションの過程
「死の谷」のメンタル・モデル
2006.02.08発表
想像力を使う創造的戦略立案思考パターン分析。競合の戦略を読むための基本。
<<pdfファイル
MOTリーダの育成方法分析
2006.03.09発表
A.D.Little社の経済産業省の委託事業報告の分析
イノベーションと企業文化
2006.02.09発表
発想豊かな個人を生む企業文化を醸成する方法とは
小泉郵政民営化選挙ブログ
2005.8-9月掲載
今回の民社党の戦略はこのせい?と思うところが随所にあるビジネス戦略の選挙戦略への応用例
          <<本文pdfファイル

渡辺 日出男
有限会社C&H代表
米国化学会社デュポン社にて新規事業開発、経営企画業務を歴任後1988年退社
独立後、技術ベンチャー企業の事業計画立案、資金調達、及びソニーなどの新規事業計画立案コンサルティングを行う
1991-1998:株式会社サーモボニック社長
(北海道大学 農学部卒)