英語は道具にすぎない。道具を使いこなすために・・・・・
戦略分析・立案能力を高める統合英語訓練
chalaza net Home

You are here in
chalaza netSub-Domain HP


戦略分析・立案訓練ステップ
ウェブ・セミナーサイトマップにある準備パート2の正規分布と成長曲線の応用は必ず読んでください。
回帰直線9点一筆書きは説明を読んで、意味を十分理解してください。
アメリカの経済復興シナリオと戦略予測(日本語)にアクセスしてください。
予測シナリオが訓練の材料です。
英文記事を日本語で要約します。
リンク記事を読んで考えてください。その情報(ドット)が予想(回帰直線)を裏付けるものか、無関係か?あるいは予測シナリオが誤りか?
戦略分析・立案は不確実性に対する決断(度胸)の集積結果です。ブログ・コメント欄に反論、異論を書くのも訓練になると思います。

 Sec 2-3-2 Clean energy bubble

アメリカでクリーン・エネルギーバブルが起こる。それがアメリカの景気が上向く時期と断定的に予測しています。その時期が近づいている。皆さんはどう判断しますか?09.11.03Up)


日本で報道されていますので要約を省略します。
この記事に対する読者からのコメントは身につまされるものがあります。

本当?じゃどうして夫の会社は回復しないのよ。政府やウォール・ストリートが景気が良くなったと言えば、新聞は福音でも舞い降りたように言うだけじゃない?本当の状況がどういうものかここに来て見てご覧なさい。

GDPほどあてにならない数字はない。昔はGDPが良くなれば、生活も良くなったさ。機械化とアウトソーシングで景気が良くなったって・・・。80年代以降の自由経済ってやつ。今はGDPが良くなるほど生活が厳しくなる。本物のインフラ土木工事も刑務所を作るのもGDPでは一緒だ。

少しは良くなったことを批判するのに厭きません?2000年から2008年まで、クリントンが成し遂げた財政黒字を食いつぶしたブッシュ政権の泥舟を正しい軌道に乗せるには時間がかかるでしょう。

上から賛同の多い順のコメントのさわりです。
英作文の訓練用になるかもしれません。

オバマ政権の景気刺激政策は、助成金、ローンおよび契約事業から構成され、合計1590億ドル(約
15兆円)である。既に支払われたのは370億ドル(約3600億円)で、その結果64万件の職が創出(新
規およびレイオフ防止)された。この数字には減税や失業手当分が含まれていない。それを考慮すれ
ば、100万件になると言う。その内、32.5万件が教育関係で、ほとんどが教員の確保である。

景気刺激プログラムの主体は公共事業であるが、この分野の就業機会創出は8万件に留まった。土
木関係は計画から人員採用までの時間が長いからである。この実績から、政府は来年末までに350
万の就業機会が創出されると刺激対策が効を奏したと発表した。


政府の自賛に対して、共和党は失業率が9.8%に達する中で、この程度の機会創出は、刺激策が失
敗だったことの証明と批判しており、NYタイムズも政権の見通しは話半分と辛らつである。


(GDP3.5%成長の政府発表の3日前のNYタイムズ社説)

経済は不況から抜け出たというのがエコノミストのコンセンサスだ。人員削減と在庫調整から再び生産がはじまったことで企業収益は回復した。政府の景気刺激策も効果を持った。しかし、この一連の流れの先はどうなるのか?政府の支援が必要なのか、それとも不況に再突入することになるのか?
来年、失業率はもっと悪くなって10%を超す。抵当流れはもっと大きくなって住宅価格はもっと下がる。中小規模の銀行の倒産は今後も増える。州や地方都市の財政は今よりもっと悪くなる。

そんな状況の中で、政府の景気刺激策に一貫性がない。
共和党議員は、経済の弱体化は2月の刺激策の失敗と言い、両党とも財政赤字を怖がって動きが取れないと言う。ちらの議論も間違っている。
直ちに景気を刺激しなければ、長期的な赤字解消につながらない。弱体化を放っておけば、刺激策を採るよりも結局高くつくことになる。

上院は失業手当の延長に早急に決着をつけなければならない。消費を拡大し、就業機会を増やす今できる唯一の方法だからだ。
次にすべきことは州政府の財政を健全化することだ。州政府が良くならない限り連邦政府のどんな刺激策も効果が少なくなる。それ以外の刺激策にはピンと外れのものが多い。

次の刺激策がなければ、最悪の不況からの回復ももっとも遅い最悪のものになる。
October 29, 2009

クルーグマン博士の短い記事。

共和党の大統領候補マケイン氏と共に戦った当時アラスカ州知事ペイリン氏が7月、突然知事を辞めました。2012年の共和党の大統領候補を目指しているからではないかと憶測されています。それを揶揄して・・・。

この記事に対する読者投稿のいくつかを転載しました。
目的が3つあります。

1.あなたが技術系で、経済を苦手としても戦略を考える上で苦手意識を持つのはまずいから
です。文系の人が技術を毛嫌いしてはならないのと同様に。得意分野外で知ったかぶりは良く
ないですが、本当の専門家の助けを求めるためにも苦手意識は払拭しましょう。


2.転載した中に、クルーグマン教授が既に別のところで書いているのを知らずに批判してい
る人がいます。特に批判する時には注意が必要です。お互い心しましょう。


3.次の景気刺激策が必要という意見があります。私の断定予測もこれと関係しています。NY
タイムズはオバマ政権の景気対策に一貫性がないと批判しています。医療保険、外交すべてに
共和党の反対があり、妥協せざるを得ない場面も多いのでそう見えるということではないだろ
うかと思います。日本の経済立て直し戦略とも関係することですので、それをご一緒に考える
前段です。


I was surprised by your statement:“Obviously, 3.5 percent growth is a lot better than
shrinkage. But it’s notenough — not remotely enough — to make any real
head way against the unemployment problem.”

Am I missing something? In the last three months, unemployment didn’t shrink at all.
In fact, it grew by hundreds of thousands each month. To me, this suggests that there is
something seriously flawed in the official GDP numbers.(43)


Much of the increase in unemployment was a result of the economic shock of 2008.
Something unconventional will be needed to reverse it in a reasonable short time frame.Many
industries have dropped by 30%-50%. I am real skeptical of a 3.5% increase in GDP. Maybe
they are counting some fictitious outputs by the banks, to go along with the fiction of low
inflation (as long as we don’t count non-core items like food and energy…) (31)


A second federal stimulus package,providing solid infrastructure repair/building jobs, is
desperately needed. Forexample, repairing our bridges, building electric grid, building high
speedtrains.(20)


“A second federal stimulus package,providing solid infrastructure repair/building jobs,
is desperately needed. Forexample, repairing our bridges, building electric grid, building high
speedtrains.”

Shouldn’t we spend the remaining $500BN orso of the first one first?(37)

(in regard to spending on infrastructure)
The idea is rather simple, and should becommon knowledge to those who are familiar with the
inner workings of GDP.Basically The guy suggests that becausepublic capital was so
depleted by reagan, and bush we can also suggest that 1dollar spent on public capital will
give a higher rise in GDP then what onedollar of private investment could accomplish.

The paper was highly controversial at thetime, but it has become slowly accepted with the
passage of time.“It is ideas, not vested interests, whichare dangerous for good or evil."-
john maynard keynes

http://epi.3cdn.net/2b3f77046b614d1cde_ikm6b41nb.pdf
here is the link. (39)

Two things are wrong with using this graphto support your argument. (1) The graph doesn't
account for the diminishingmarginal returns that almost certainly appear in the relationship
betweenunemployment and GDP. If unemployment is already at the natural rate, then evenholy
-moly-that’s-a-lotta-GDP-growth isn’t going to make it drop much further.The
corollary to this is that if unemployment is very high, small GDP growthcould have a big effect.
(2) This particular graph is almost certainly biasedby (1) because in most of the past 60
years, unemployment has been low. Andit’s probably really, really biased if we use it
to infer something about ourcurrent situation, because right now unemployment is high. You&#
8217;d probably get amore “accurate-looking” graph if you used a log scale on
the y-axis, but whybother? Just go with Okun’s Law - it’s simple and generally
on the money.Seeing as how this is a disagreement on Krugman’s blog, I suppose I
should concludeby saying that your opinions are obviously the result of willful ignorance,
stupidity, and a desire to deceive the general public - especially orphans.(22)


Paul,
Shouldn’t a better indicator be:
Change in unemployment rate = f( GDP growth per person )
Now the current population growth (1%) issignificantly lower than the last 60 years average (1.
3%) [census.gov]

The consequence would be that change inunemployment associated to a 3.5% growth would
be higher, possibly close to 1%.(45)


I think this graph does not tell the wholestory. It shows only change in employment, but of
course the baseline matters alot. Obviously, if the economy is near full employment (say, 4%
unemployed),then GDP growth can be 6% and still positive change in employment will
beminimal since there is nowhere employment can grow. A more relevant graph wouldshow
only those years in which, as now, baseline unemployment is very high. Imay be wrong, but I
suspect it would tell a different story.(48)


2番目の目的は(22)です。一年前のクルーグマン博士の下記ブログと比較してください。

November10, 2008 Stimulus math (wonkish) by  Paul Krugman


土木関連公共事業が力強い景気回復をもたらす。それに先行して株式市場が踊る。その図式になるのは間違いないと思いますが・・・。

今回の引用記事を読んでいて気づいたことですが、経済学者やエコノミストが見過ごしていることがあるのではないだろうかとの感を強くしました。私はオバマ政権は、それを見過ごしているはずがない。ただ、言わないだけと思っています。
それは、日本の経済を立て直す政策・戦略と関係があると思いますので、別サイトで検討します。
よろしければ皆さんもご一緒にお願いします。9点枠外の一点までたどり着いたと思っているのですが・・・Honoluluが枠外の一点